マクドナルドインタラクティブ:シリアスゲームをネタにした反企業活動

 「地球環境を考慮しない経営」を批判するアンチアドバゲーム「マクドナルドビデオゲーム」を作られてしまったマクドナルド社が、またもシリアスゲームをネタに、社会活動家による批判行動を受けました。
 このハプニングは、6月5-6日に開催されたUK Serious Games Eventで起こりました。発表者として、マクドナルドの子会社「マクドナルドインタラクティブ」のメンバーが登場し、次のような発表をしました。
 「マクドナルドの子会社である我々は、米陸軍のアメリカズアーミーにインスパイアされて、McMarketplaceという幹部社員教育のための経営シミュレーションを開発した。利用した社員からは好評価を得たので、気候シミュレーションのモジュールを開発して追加した。すると、どんなやり方でも50年以内に地球環境が破壊されて、経営が破綻する。このシミュレーションで経営を維持するには、最初の5年以内にガス排出量を70%削減し、森林破壊を止めなければならなかった。おかしいので調査してみたところ、どうやらこれは本当らしいということがわかった。直ちに経営方針を改めて、環境破壊を止めなければならないと経営陣に訴えたところ、聞き入れてもらえなかった。このまま地球が破壊されていくのを見過ごすことはできないので、我々はマクドナルドを離れ、この真実を世に広める活動を行なうことに決めた。」(以上要旨。全文はこちらで読めます)
 会場では議論の的となり、かなりの聴衆がこの声明を信じたそうですが、ゲームブログ等で真偽のほどを確かめる動きがとられ、この発表が全て、社会活動家達による壮大なインチキであることが突き止められました。
 イタリアの反マクドナルドの活動家が、マスメディアを利用した社会活動を得意とするYesmenの手ほどきを受け、ホンモノっぽい会社Webサイトや、シミュレーションのスクリーンショットまで作りこんだプレゼン資料を制作して、このイベントで計画実行に及んだということです。
 イベントの主催者側はこのことを全く知らされていなかったとのことで、この件については一切ノーコメントで、イベントのウェブサイトも表紙のみにしてしまっています。主催者にはなかなか気の毒な状況ですが、この計画の首謀者が応えたインタビューの中で、主催者側が「マクドナルドビデオゲーム」をマクドナルドが作ったものだと勝手に勘違いして、(あきらかに反マクドナルドの)このゲームの開発者に招待のメールを送ったことからこのアイデアを思いついたのであって、主催者は自らこの災難を招いたのだ、とコメントしています。
 このハプニングは、シリアスゲームやゲームブログのコミュニティで話題となって、さまざまな議論を呼びました。事の顛末はWaterCoolerGamesに一番詳しくまとめられています。

1 thought on “マクドナルドインタラクティブ:シリアスゲームをネタにした反企業活動

コメントは停止中です。