シリアスゲームワークショップ:コンピュータゲームで英語を学ぶ

「シリアスゲームワークショップ:コンピュータゲームで英語を学ぶ」参加のご案内
ワークショップのねらい:
このワークショップは、英語を学びたくていろいろがんばっているのになかなか身につかない人にゲームを利用した新たな学習方法を提供することを一番のねらいとしています。英語学習がうまくいかない人の学習の障壁はいろいろと考えられますが、一番の問題は、自分に合った学習システムが構築できてないことです。ここで言う学習システムとは、学習の習慣付け、学習リソースへのアクセス、学習へのフィードバック、練習機会確保などを指します。高いお金を払って英会話学校に行って効果があるのは、教え方がうまいからではなくて、自分の学習システムを作りやすい状況を提供してくれるからです。学習システムさえ何とかすれば、高いお金を払う必要も、学校に行く必要もありません。
ゲームは学習のモチベーションを高めてくれる有効な学習ツールです。学習の苦労を分散させたり、興味の高さややる気でカバーしたりするのにゲームはとても有効です。シリアスゲームの関心はそのゲームのツールとしての長所にあります。そして、ゲームは英語を学ぶのにも効果がありますが、新しい言語を学ぶのは当然苦労が伴います。ただ空き時間に英語のゲームをやるというのは続かなくて、やはり他の学習方法と同じく、自分の学習システムの中での位置づけを明確にしながら利用する必要があります。ゲームにDVDなどのメディアを組み合わせて利用することで、高い英会話学校に通う10分の一の予算で、より高い学習効率のよい学習システムを組むことも可能です。
今回のワークショップでは、英語学習にゲームを徹底活用する方法を一緒に考えながら開発していきます。ワークショップ終了時までに、参加者各自が自分のニーズに合った英語学習システムを整備し、実践できるようになっていることが目標です。今までいろいろな学習方法を試したけど、なかなか英語が身につけられない、学習が続かないという人にはとくにこのワークショップの効果を実感してもらえることと思います。
ファシリテーター:藤本 徹(シリアスゲームジャパン・ペンシルバニア州立大学)
活動内容:
・英語学習に関するワークシートの記入〜オンラインカウンセリング
・参加者ごとのオリジナルな学習メニュー作成
・メニューに沿った学習活動〜定期的な振り返りログ作成〜学習サポート
※学習メニュー項目例:
・マルチプレイヤーオンラインゲーム世界探索
・英語版ゲームプレイ
・好きなDVD鑑賞
・オンラインクエスト、情報探索
・学習振り返りログの作成
このような内容を基本に、ゲームの選択、学習頻度等を個別に設定して、メニューを作ります。
全てオンラインで活動します。
募集定員:5名様
参加費:無料(ゲームなど、学習リソースの購入は必要に応じて発生します)
対象者:英語を身につけたい人なら誰でも(レベルは問いません)
実施期間:6〜8週間程度(10月上旬〜11月下旬)
申し込み方法:
E-mailでsgjworkshop [atmark] anotherway.jp 宛に下記を記載の上、10月2日(日)までにお申込ください。
募集定員に達し次第締め切ります。
・名前
・職業
・現在の英語レベルとどれくらい英語ができるようになりたいか
・ゲーム歴
・お持ちのパソコンの情報(デスクトップ/ノート、OS、だいたいのCPUなどのスペック)
・その他、簡単な自己紹介とこのワークショップへ期待することなど

1 thought on “シリアスゲームワークショップ:コンピュータゲームで英語を学ぶ

  1. Another Way

    ゲームで英語を学ぶ

     先日シリアスゲームジャパンで告知した「シリアスゲームワークショップ:コンピュータゲームで英語を学ぶ」も、参加希望をいただいて、来週より実施の運びとなった。約6週間の間に何をやるか、いろいろとアイデアを練っているところで、参加者の皆さん以上に、私の方も…

コメントは停止中です。