第2回シリアスゲームフォーラム開催報告

 先日4月22日、第2回目のシリアスゲームフォーラムを開催しました。

SGforum01.JPG

 今回は「仮想世界における新しい学習プラットフォーム」をテーマに、ゲストスピーカーのPaul Cohen氏より没入型学習の概要、学習用途で利用される仮想世界プラットフォームの事例紹介と、各プラットフォームの評価に関する話題提供が行われ、参加者とともにこのテーマでディスカッションを行いました。

 セカンドライフ以外にも多くの仮想世界プラットフォームが提供されており、それぞれのプラットフォームが持つ長所と短所を考慮しながら利用目的に合致した形での仮想世界の導入を進めていくことが重要であるとCohen氏は指摘し、企業内での研修やコラボレーションへの利用に関するさまざまな課題についても言及されました。次々に開発されるプラットフォームの状況から、セカンドライフブーム以降もこのテーマでの活動が着実に進展してる様子がうかがえました。今後はこれらのプラットフォーム間、または他のシステムとの協調や統合が進む過程で仮想世界における学習活動をどのように導入しやすい形で提供していくか、そして技術の進展に合わせた用途開発への対応をいかに進めていくかが鍵となっている側面があるようです。

 また、後半のグループディスカッションでは、さまざまな業界からの参加者の方々によって、このテーマへの関心や導入に当たっての懸念などが話し合われました。まだ仮想世界を利用したことがない参加者から、実際に仮想世界プラットフォームを開発する企業で活動する参加者や、セカンドライフ内で研修サービスを提供する経験を持った参加者もいて、多様な論点が共有されました。

 次回のフォーラムも6月24日に予定されています。詳細はまた改めてご案内いたします。

2 thoughts on “第2回シリアスゲームフォーラム開催報告

  1. maecho

    フォーラムお疲れ様でした!
    3DというとどうしてもSecondLifeを思い浮かべてしまい、ブームは去ったかのように感じてしまいますが、その影で数え切れないくらいの3D Platformが生まれてきているというのが驚きでした。
    あとは、なぜ3Dを使う必要があるのかというところについて、確かに若い世代は3Dになじみがあり疑問を持たないというのはあるのでしょうが、企業に導入することを考えると、決定権を持っているのは3Dに対して疑問を持っている世代ですので、そこに向けて説明し納得してもらうことが必要だと痛感しました。
    (これはシリアスゲームそのものにも言えることですが...)

  2. tfuji

    maechoさん、フォーラムご参加ありがとうございました。
    今回、3Dの意味についての議論はとても重要な論点でしたね。
    フォーラムでも話題にしましたが、何年か経って技術自体が低コストで普及すると、3Dが標準みたいになっていくのかもしれませんが、その時に教育方法をしっかり開発できるかどうかがこの分野の発展の鍵だと思います。

コメントは停止中です。